生活&活動支援、まもなく始まります


呼びかけ

2020年3月、
国立ハンセン病資料館の運営受託団体が替わるタイミングで、
経験豊かな学芸員2名が「不採用」となりました。
根拠とされたのは、資料館の長い歴史のなかで初めておこなわれた
採用試験ですが、審査の経緯、不採用となった理由については、
一切明らかにされていません。

今回不採用となった学芸員2名は2019年9月に労働組合を結成し、
資料館で常習的におこなわれていたパワハラ、セクハラ、
職場からのネグレクト(不当な排除)などの問題を内部告発していました。
これは事実上の不当解雇です。

ハンセン病資料館は、差別、隔離に苦しめられてきた当事者が
みずから作り上げ、国に存在を認めさせた、世界でも例のない博物館です。
その使命は人権、生命の尊厳を守り、国の過ちとハンセン病に対する
私たちの差別、拒絶の歴史を記憶に留め、未来に伝えること。

そのハンセン病資料館で人権侵害、差別、排除がおこなわれている。
先人たちから受け継がれてきた信念が、魂が、踏みにじられている。
こんなやり口を、見過ごすことはできません。

現在、有志による共闘会議など、支援ネットワークの立ち上げを検討してます。
不当解雇されたふたりへの生活支援、活動支援が、ぜひとも必要です。
応援してくださる方々へカンパ等の協力をお願いし、ここに呼びかけます。

ハンセン病資料館 不当解雇学芸員を支援する会 やさぐれオンライン

*カンパ用の金融機関口座、具体的な支援活動内容などについては決まり次第、お知らせします。